爪に優しく便利なネイルチップ

爪に優しく便利なネイルチップ

ネイルサロンでジェルネイルをしたり、自宅でセルフネイルをしたり、ネイルの楽しみ方はさまざまです。ネイルの楽しみ方のひとつとして、ネイルチップにチャレンジしてみませんか?ネイルの中でも地味な存在のネイルチップですが、便利で使い勝手がよく、ネイルチップの魅力にはまる人が増加中です。

 

ネイルチップってどんなもの?

ネイルチップは、いわゆる「付け爪」のことです。両面テープやネイル用の接着剤を使って自爪にネイルチップを貼りつけておしゃれを楽しみます。ネイルチップ最大のメリットは、仕事や育児など様々な事情で普段ネイルができない方でも、1日だけネイルを楽しむということができることです。

 

また、ネイルチップはジェルネイル等のネイルアートよりもコストパフォーマンスに優れています。丁寧に使えば何度でも再利用できるので、お気に入りのネイルチップを集めて付け替えるといった使い方も可能です。

 

ネイルチップの下準備

ネイルチップを綺麗に仕上げるには、下準備が大切です。まず、ネイルチップのサイズを自爪に合わせて調整します。ネイルサロンでチップを付ける場合は、ネイリストが自爪に合わせて綺麗にサイズ調整をしてくれますが、セルフでサイズを整える場合は、削りすぎに注意しましょう。サイズ調整のコツは、甘皮部分に合うようにすると、違和感なく綺麗な仕上がりになります。

 

ネイルチップの調整が済んだら、自爪の長さを整えてから、エタノールや油分を含まない除光液で爪の表面の余分な汚れや油分を落とします。こうしておくことで、ネイルチップが爪に馴染んで剥がれにくくなります。

 

 

 

ネイルチップを付けてみよう!

ネイルチップを付ける時は両面テープか、取り外し可能なネイル用接着剤を使います。ネイル用接着剤の中には、一度使ったら取り外しできないタイプのものもありますが、これは自爪を痛めてしまうので避けましょう。両面テープの場合は、そのまま自爪に貼ればOKです。

 

ネイル用の接着剤を使う場合は、付けすぎると皮膚にはみ出してしまい仕上がりが汚くなるので、塗りすぎに注意です。爪の生え際の部分にネイルチップを合わせたら、しっかり密着するようにしっかりと抑えます。この時、ずれてしまわないように気を付けましょう。ネイルチップは、付けてからしばらく時間が経たないとしっかりくっつかないので、ネイルチップを付けたあと、しばらくの間はできるだけ手を動かさないように気を付けましょう。また、ネイルチップはしっかり付けていても、ちょっとした衝撃で剥がれてしまう事があります。外出の際は、ネイルチップが外れてもすぐに直せるように、予備のネイルチップや両面テープを持って行くのがおすすめです。

 

ネイルチップの正しい外し方

ネイルチップは爪に負担をかけないネイルの方法ですが、取り外しの時は要注意です。使った接着剤やテープによっても外し方は異なりますので、使用法を守ってきちんと取り外しましょう。ネイルチップがしっかり爪にくっついたまま、無理やり剥がすのは厳禁です。爪を痛めたり、剥がれたりする原因になります。

 

爪に優しい剥がし方は、ぬるま湯を入れたフィンガーボールに指先を付けて、ネイルチップに付いた接着剤や両面テープをふやかして取る方法です。この方法なら、爪にほとんど負担をかけずにネイルチップを取ることができます。外しにくい場合は、ネイルチップと自爪の間にウッドスティックなどを入れて、少しずつふやかして取るようにします。

 

残ったネイルチップはしっかり乾燥させれば再利用が可能です。お気に入りのネイルチップをネイルサロンでオーダーして、長く使うというのも人気です。また、ブライダルネイルをネイルチップでオーダーし、記念として残しておく方もいます。どんな方でも手軽に楽しめるネイルチップに、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る