放置厳禁!グリーンネイルにご注意

放置厳禁!グリーンネイルにご注意

ネイルサロンやセルフジェルアイテムが一般的になった事で、気軽にジェルネイルを楽しむ方が増えてきました。しかし、その裏側で問題になっているのが、ジェルネイルに関する爪のトラブルです。特に、ジェルネイルをしている人に起こりやすい「グリーンネイル」は、自爪に大きなダメージを与える危険があります。きれいなネイルを楽しむためにも、グリーンネイルについて知っておきましょう!

 

グリーンネイルの症状とは

グリーンネイルは、ジェルネイルやスカルプチュアなどをしている方に起こりやすい爪のトラブルです。爪が緑色に変色してしまい、症状が進むと爪が割れてしまうこともある、恐ろしい厄介な症状です。また、変色するだけではなく爪から悪臭がしてくることも。さらに、恐ろしい事にこのグリーンネイルは、原因となる細菌が他人にうつる可能性もあるのです。

 

グリーンネイルの原因となるのは、緑膿菌という最近です。ジェルネイルやスカルプチュアをつけっぱなしにしていると、次第にネイルが浮いてきて、自爪との間に隙間が生まれます。その隙間に水と空気と雑菌が繁殖する事で、緑膿菌が発生します。緑膿菌が爪に感染した状態がグリーンネイルですが、いわゆる爪にカビが生えたのと同じ状況になります。

 

緑膿菌ってどんな細菌?

グリーンネイルの原因となる緑膿菌自体は、身の回りに普通に存在する常在菌の一つです。そのため、緑膿菌は普通の状態であれば特に体に害を及ぼすことはありません。しかし、体の免疫力が落ちていたり、爪が湿って傷付いているなど、緑膿菌が繁殖しやすい状況にあると、グリーンネイルの症状を引き起こします。一度グリーンネイルになってしまったら、完治するまでネイルはできません。

 

どうしてグリーンネイルになるの?

グリーンネイルが発生する原因は、ネイルをつけっぱなしにしていることがほとんどです。特に、ジェルネイルやスカルプチュアを長期間付けている方は、グリーンネイルになる可能性が高いです。マニキュアの場合はあまり起こりませんが、やはり長期間塗ったままにしておくと、グリーンネイルになる場合もあります。

 

ネイルを長い間つけっぱなしにしていると、自爪とネイルの間に隙間ができてきます。個の隙間は、表面からではわかりませんが、中に水分や空気がだんだん溜まっていきます。水分が溜まっている状態は雑菌も繁殖しやすく、放置しておくと雑菌の温床になります。その状態が続くと、グリーンネイルの原因となる緑膿菌が繁殖して、爪にカビが生えた状態になってしまうのです。

 

グリーンネイルの見分け方

グリーンネイルは症状によって軽度から重度まで分かれます。自分の爪を見て、うっすらと白く表面が変色している程度であれば、まだ軽度のグリーンネイルです。爪が緑色に変色しているわけではないので、表面の白いカビを除去することで改善できます。

 

中度のグリーンネイルになってくると、次第にカビの範囲が広がって、爪が徐々に変色してきます、黄色から徐々に色が濃くなり、黒っぽくなってきてしまったら、もう自宅で削ってカビを除去する事はできません。この状態で放置しておくと、すぐにカビが内部に広がり、完全に緑色に変色する重度のグリーンネイルになってしまいます。

 

重度のグリーンネイルは、完全に爪が深緑色に変色している状態です。この状態になってしまうと、爪甲剥離症など他の病気にもつながる恐れがあります。カビに伴う悪臭もしてくるなど、さまざまな問題が発生しますので、速やかに病院に行く必要があります。

 

グリーンネイルは完治するまで時間がかかる!

グリーンネイルに一度かかってしまうと、完治するまで最低でも2ヶ月はかかります。しかし、症状の度合いによっては、完治するまで1年以上かかる場合もあるそうです。また、手の爪に比べて足の爪はさらに治りが遅いため、足のグリーンネイルは治るまで早くても半年以上はかかると言われています。グリーンネイルは対処が早ければ早いほど、完治も早まります。違和感に気付いたら、早めに病院で診察を受けましょう。

 

もしかしてグリーンネイルかもと思ったら

爪の変色や違和感に気付いたら、すぐにネイルをオフしましょう。マニキュアの場合は除光液でオフしても平気ですが、ジェルネイルやスカルプチュアをしていた場合、かならずネイルサロンでオフしてもらいましょう。セルフでネイルをオフするのは、意外と難しく、かえって爪のトラブルを悪化させてしまう恐れがあるからです。

 

ネイルのオフが完了したら、すぐに皮膚科を受診しましょう。グリーンネイルは、放置していても治らない病気です。そのうち治ると思ってそのままにしておくと、爪がボロボロになってしまったり、最悪の場合爪が綺麗に生えてこなくなってしまうなど、様々な危険があります。治療の間はネイルを完全にお休みして、医師から処方された薬を塗る等、しっかり治療しましょう。また、常に爪や手は清潔に保ち、濡れたままにしないでしっかり乾燥させるように心がけましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る