大きいサイズの作業服について

サイズ表記について

一般的に大きいサイズの作業服というのは2L(LL)、3L(EL)、4L、5L、6L、7L、8Lなどの表記で表すことが多いです。これはメンズウェア、レディースウェアに関わらずこのように記載されます。

また、15号、17号、19号、21号などという表記の仕方もあります。ちなみにウエストは2Lが(88-100cm)ぐらいから、8L(148-160cm)ぐらいとなります。

スラックスやカーゴパンツなどのズボンの場合、センチのみで表すことも多い(たとえば、110cmとか130cmなど)ので、ご自分のウエストサイズは、何L同様に把握しておく方がいいでしょう。

 

料金

大きいサイズの場合一般的なサイズよりも料金が割高になる場合が多いです。作業服の場合も+300円や+1,000円などサイズによって変わってきます。購入の際には注意しましょう。

作業服の場合はメーカーによっても異なりますが、3Lあたりから料金がプラスになることが多いようです。

 

撮影モデル

ユニフォームを着用しているスタイルサンプルは、一般的なサイズのモデルが行っている場合がほとんどです。いわゆる日本人の平均値みたいなサイズの人が着ています。基本的に作業服を含めてファッション関係の通販サイトでは170cm前後の60~65kgぐらいのモデルが多いです。

作業服モデル
そのため、ビッグサイズを購入しようとしている人が見ると全然イメージが湧きませんよね?でもこれはあきらめるしかありません。大きいサイズを専門にしているサイトでしたら別ですが、それ以外の場合は着用イメージは諦めるしかありません。

 

在庫について

大きいサイズの作業服の在庫は、通常あまり確保できてないショップが多いようです。購入しようとしても、再入荷を待たなくてはいけないなんてことはよくあります。

なので、「破けたから買おう」という感じでいると、売り切れていて、破けた作業着を着続けることになるなんてことにもなりかねません。そういったことを避けるためにも、シーズンの初めにあらかじめまとめ買いをするか、常に在庫のあるお店を見つけておきましょう。

 

メンズ、レディース関わらず在庫の多いおすすめサイトのご紹介。

大きいサイズが豊富にある作業服の通販サイト

作業服のDKストア