自分の爪に合ったネイルをしよう

ジェルネイルを長持ちさせる秘訣とは?

可愛くて持ちがよいジェルネイルは、ネイルサロンでもセルフネイルでも人気の施術です。一度気に入ったジェルネイルをしたら、できるだけ長持ちさせたいですよね。今回は、ジェルネイルを長持ちさせるための方法についてまとめてみました。

 

 

トップコートで表面をしっかり保護する

ジェルネイルといえば、ぷっくりした艶のある質感が魅力です。そんなジェルネイルの艶感を長持ちさせるために、トップコートを数日に一回塗る事で、ジェルネイルの表面を保護しましょう。ジェルネイルの上からトップコートを塗ると、艶が長持ちするだけでなく、ジェルと自爪の密着度を高め、ジェルが自爪から浮きやすくなるのを抑えることができます。

 

こまめな保湿ケアを欠かさずに!

ジェルネイルは、乾燥が大敵です!乾燥が進むとジェルネイルが浮きやすくなり、自爪とジェルの間に隙間が生まれます。ジェルネイルの隙間はグリーンネイルの原因にもなるため、ジェルを長持ちさせるだけでなく、自爪の保護にも保湿は重要です。

 

ネイルオイルやクリームで、こまめに甘皮部分を保湿します。マッサージするようにネイルオイルを浸透させていきましょう。ネイルオイルをしっかり塗る事で、甘皮の乾燥を抑えて、ジェルが浮くのを防ぎます。

 

指先に負担がかからないように注意

ジェルネイルを長持ちさせるためには、指先に負担がかからないようにするのも大切です。たとえば、パソコンのキーボードを叩いていると、細かな振動がジェルネイルに伝わり、爪からジェルが浮きやすくなってしまます。

 

仕事や家事の時にはできるだけ爪に刺激を与えず、濡らさないように気を付けましょう。手袋をするなど、極力ジェルネイルに負担をかけないような動きを心がけるのが長持ちさせるコツです。

 

ジェルネイルに水分は大敵

爪は皮膚と同じタンパク質でできているため、水分を含むと柔らかくなります。そのため、水仕事やお風呂で長時間水分に使っていると、爪がふやけてジェルネイルとの密着度が弱まり、はがれやすくなります。

 

意外とやってしまいがちな失敗として、ジェルネイルを付けたままシャンプーをして、髪にジェルネイルが絡んで剥がれてしまうというトラブルです。ジェルネイルをしている時は、できるだけ水分に触れないように注意しましょう。

 

アイネイルズ

 

ジェルのペディキュアは靴のサイズに要注意

最近では、ジェルネイルのペディキュアも一般的になってきました。ジェルネイルのペディキュアを長持ちさせるためには、きつい靴を履かない事です。窮屈なサイズの靴を履いていると爪が圧迫されて、ジェルネイルが浮きやすくなります。また、ジェルネイルの厚みがある分痛みを感じやすくなることもあり、ジェルネイルのペディキュアできつい靴を履いていると、トラブルにもなりやすいです。ゆとりのある靴や、先端の空いたサンダルなどを履くのがおすすめです。

 

 

ジェルネイルは、長持ちすればいいというわけではない

ここまでジェルネイルが長持ちするための方法をご紹介しましたが、実はジェルネイルは長持ちしたからいいというわけではありません。一般的なジェルネイルは、3〜4週間が寿命と言われています。しっかりケアをすれば、1ヶ月もつ場合もあります。しかし、あまりにも同じジェルネイルをつけっぱなしにしていると、長さが出過ぎて根元が浮いてきてしまいます。見えない部分にできた隙間から水分や雑菌が入る事で、グリーンネイルの原因となる場合が多いのです。

 

ジェルネイルは、つけっぱなしにしていると自爪の状態がわからないことも多いです。そのため、どんなに長くても3〜4週間を目安にジェルネイルは付け替えるのがベストです。余計な爪トラブルを避けるためにも、毎日のケアだけでなく、ジェルネイル本来の寿命を守るように心がけるのが、常にジェルネイルを綺麗に保つ一番のコツと言えます。

 

自分に合ったネイルオイルの選び方

毎日のネイルケアに欠かせないネイルオイルですが、その種類はさまざまです。自分の使いやすいネイルオイルを選ぶことで、毎日のネイルケアがより楽しくなります。今回は、ネイルオイルの種類や選び方についてまとめてみました。是非、自分に合ったネイルオイル選びの参考にしてみて下さい!

 

ネイルオイルの形状の違い

ドラッグストアや雑貨店で手軽に手に入るネイルオイルですが、大きく分けると3タイプに分けられます。容器の形状によって、ロールオン、マニキュア型、筆型の3タイプが主流です。

 

ロールオンタイプのネイルオイルは、リップクリーム程度の大きさの容器で、持ち運びに便利なのが特徴です。先端のヘッドに埋め込まれたボールを爪にあてて転がすことでネイルオイルを塗れるので、いつでもどこでも手軽にネイルケアができます。また、ロールオンタイプは一度にオイルが出過ぎないように調整しやすいので、外出先でも手や周りを汚さずにこまめにネイルケアをするのに向いています。

 

マニキュアタイプのネイルオイルは、マニキュアのような形状なので、爪全体に塗りやすいのが特徴です。他のマニキュアのボトルと同じ形状なので、片付けやすいというメリットもあります。また、ボトルにドライフラワーやストーンが入っているなど、可愛いデザインが多いのもマニキュアタイプの特徴です。自宅でリラックスしながらネイルケアをするにはぴったりの、女子力の高いタイプのネイルオイルと言えます。

 

筆タイプのネイルオイルは、最も使い勝手の良いタイプです。筆ペンのようになっているため、気になる部分にピンポントで塗りやすく、持ち運びにも便利です。外出先に持ち歩くのにも向いているため、こまめにネイルケアをしたい方におすすめです。

 

ネイルオイルはどう選ぶ?

ネイルオイルは、保湿成分と爪をケアする栄養素が含まれているオイルです。ケアの効果を実感するには、肌なじみがよく、保湿成分が高いものを選びましょう。植物性のオイルの者は、肌に浸透しやすいのでおすすめです。また、べたつきも少ないため、外出先でのネイルケアにも向いています。

 

植物性のオイルは、ホホバオイルやオリーブオイル、アルガンオイルなどが人気です。テクスチャの違いなどで様々な種類があるので、自分に合った質感のものを探すのも楽しいです。

 

また、ネイルオイルの中には、いくつかのオイルが配合されているものがあります。成分表を見ると、上に表記されているものほど含有量が多いので、ネイルオイルを選ぶ際は、成分表もしっかり確認しましょう。添加物などが入っていることもあるので、できるだけ無添加のものが爪に優しくおすすめです。

 

ネイルオイルは、ネイルサロンやドラッグストアなど、様々なところで手に入るようになりました。高価なネイルオイルが良いネイルオイルとは限りません。よく、高価なネイルオイルを買ったはいいものの、もったいなくて使えないという方がいます。健康な爪のたまには、こまめなケアが大切です。毎日のネイルケアにどんどん使える使い勝手のいいネイルオイルを選びましょう。

 

ネイルオイルの楽しみ方

ネイルオイルの中には、香りが付いているものも多いです。自分の好きな香りのネイルオイルを使ってケアするのは、一日の中でも至福の時間です。気分によってネイルオイルの香りを使い分けるのもおすすめです。

 

また、ネイルオイルはディスプレイしてもかわいいボトルもたくさんあります。飾っても使っても楽しめるネイルオイルがあれば、毎日のネイルケアもさらに楽しくなるかもしれません。

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る